中小企業大学校で講義

 お目にかかれなかったのですが桜美林大学の坂田淳一准教授がカリキュラム編成指導をされているという医療機器参入セミナーの初日に講義をしてきました。

http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/list/details2015/092989.html

 この時期に2泊3日の合宿に参加するのはどんな人だろうと興味深く足を運びましたが、皆さん本当に熱心に話を聞いて下さいました。普通半日~1日程度のこの手のセミナーは、ものづくり企業に対して開発の話と到底必要とは思われない高度な医療機器のための承認制度の話などをしたあげく、出口は製造販売業許可を持った会社に頼りましょう~というような、ちょっと人を馬鹿にしたようなものが多いのですが、今回の受講者はそれでは満足しないだろうと思われる主体性を持った方が多いように見受けられました。

 普通のセミナーではあまり触れられることのない保険制度の話を少ししました。時たま演題になるとすると、医療機器の保険点数といえば、新規・新技術にチャレンジするC1,C2というカテゴリーの話がメインとなるわけですが、まだ参入の一歩も踏み出していない人にそんな話をしても仕方ないだろうと常日頃思っているものですから、一般医療機器では保険に関する手続きは不要なことや、技術料包括の仕組みなどを簡単におはなししたのですが、沢山の質問があり、このままでは大阪行きの新幹線に乗り遅れるのではとハラハラしてしまいました。明日から3日間、インテックス大阪でMEDIX関西が開催されます。

「中小企業大学校で講義」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。